ホームソリューション業務実績会社情報採用情報

広告効果測定・費用対効果算出関連
■プロモーション媒体の費用対効果算出
 −業務用ソフトウェアの販促に用いられたプロモーション媒体の費用対効果を算出

■マス媒体、プロモーション媒体の費用対効果算出
 −医薬品のプロモーションにおいて使用された広告媒体について、費用対効果を算出・評価

■媒体配分の最適化
 −クロスメディアキャンペーンでの使用媒体の費用対効果を算出し、ROIを最大化する
  予算再配分案を作成

■コンタクトポイントにおけるメッセージ最適化
 −コンタクトポイントの現状のROIを算出し、ROIを最大化するブランドメッセージと
  コンタクトポイントの組み合わせを推定

■ソーシャルメディアの費用対効果を算出
 −化粧品商材のキャンペーンにおいて使用されたソーシャルメディアの購買行動に対する
  費用対効果を算出し、他のプロモーション媒体との比較を実施

■複数の広告媒体・プロモーションキャンペーンのROIを算出、水平比較しレポート
 −複数の広告の費用対効果を算出し、マネジメントに対してどのキャンペーンのROIを
  ダッシュボードとして報告

■店頭プロモーション施策の費用対効果測定と、マス媒体、オンライン広告との比較評価
 −化粧品商材のキャンペーンにおいて、店頭施策の費用対効果を個別に算出し、
  他のマス媒体やオンライン媒体とROIを比較

飲料・食品・その他嗜好品(酒・たばこ等)
■味・香りの評価構造把握
 −インタビューによる消費者の味・香りの評価構造を把握
 −共分散構造分析による、評価構造の定量的検証

■項目の精査と取捨選択
 −定期調査に用いる評価項目を定性的に抽出・定量解析により項目を取捨選択
  半分以下の項目数でありながら、定量的な妥当性を検証した評価項目群を作成

■ユーザートレンドの経年変化分析
 −ポジションマップによりユーザー意識変化・トレンド変化を分析し製品開発の方向性を提案

■購買行動促進に最適なコンタクトポイントの取捨選択と、
 −グラフィカルモデリングによる顧客接点間の因果関係の解析

■パッケージ・製品の親和性評価
 −定量アンケート・解析により、複数案の中から、最も受容性の高い案を選出

■小売店舗において、自社製品が選ばれる確率を上げる為の4P戦略構築
 −ロジットモデルによる、商品選択シミュレーション

■製品ベンチマークテスト
 −競合製品と自社製品の評価を定量アンケートにより比較

■製品が完成してからの、潜在市場規模推定
 −製品受容層をしてくれる消費者を見つけ出してターゲティングする為の手法開発

電気製品・IT・ソフトウェア・ゲーム・アミューズメント
■発売後製品評価(FGI+定量)
 −発売後の製品評価仮説を定性的に抽出・定量アンケートにより検証・レポート

■ユーザー利用実態・経年的な意識変化調査
 −ユーザーの製品利用実態・意識変化をインタビューにより聴取・定量検証 経年変化を把握

■子どもを対象とした製品受容性評価
 −小学生(2年生〜6年生)を対象としたデプスインタビューにより、ターゲットの製品受容性を評価

■ユーザーペルソナ作成と定量検証
 −デプスインタビュー・ワークショップからペルソナを作成し、ペルソナの市場規模を定量解析により推定

■ペルソナ・セグメンテーションの運用
 −ペルソナを用いたセグメンテーションを月次の継続調査で活用し、ターゲットの時系列分析を実施

■ブランドコミュニケーションの最適化
 −共分散構造分析(SEM)による購買行動のモデル化と、停滞箇所の解消効果が最大になるブランドメッセージの探索

■ブランドへの予算配分シミュレーション
 −計量ファイナンス理論を応用した、利益を最大化する為のブランドへの予算配分シミュレーション

■多量コンテンツ評価・比較ツール
 −多数のコンテンツをAHPにより作成した評価指標を用い、コンテンツのポテンシャルを定量的に比較し取捨選択に活用

■ソフトウェアユーザーセグメンテーション
 −製品カテゴリユーザーを定量解析によりセグメンテーションし実態把握

■過去製品の販売実績データから、最適な製品コンセプト案を作成
 −ベイズ統計を用いた、製品コンセプト最適化シミュレーション

■製品プロトタイプ評価スキーム構築・評価
 −クライアント社内での試作品評価スキーム(リクルート・評価実施・レポート)の構築・運営

その他一般消費財(化粧品・メディカル関連 他)
■トラッキングデータ活用
 −製品評価トラッキングデータより、消費者の評価構造を共分散構造分析でモデル化し、意識構造をグラフィカルに把握

■評価構造モデルによるマーケティングシミュレータ
 −共分散構造モデルを用い、施策・製品評価から購買意欲等KPIへの影響をシミュレーションし、マーケティング目標値の検討に活用

■最適価格分析(コンジョイント・PSM)
 −コンジョイントシミュレータおよびPSMによって価格分析を行い、製品の最適価格を導出

■売上データと購買者トラッキングデータから、ブランドの販売量予測
 −トライアルリピートモデルと、離散選択モデルを用いた売上予測モデル構築

■広告ビジュアル評価
 −複数広告案の中から、最も購買行動を喚起する広告案を定量解析により決定

■製品ネーミング評価
 −製品コンセプトと最も親和性の高いネーミング案を定量解析・検定により決定

■製品カテゴリの評価構造把握
 −共分散構造分析(SEM)により、当該カテゴリ製品に対するユーザーの評価構造をモデル化し、実態を把握

■ブランドスイッチドライバー分析
 −利用ブランドを切り替えた要因(ドライバー)を分析し、ブランドスイッチを促進させる具体的な打ち手を明確化

■ニーズによるユーザーセグメンテーション
 −製品に対するニーズの重視点によってユーザーのセグメンテーションを実施し、ユーザー実態を把握した

■製品ベネフィットの受容層特定と規模把握
 −既存製品のキーベネフィットを受容するユーザーを特定し、その規模や特徴を把握し、ポテンシャルを診断

■コンセプト受容性評価
 −複数のコンセプト案を複数の尺度で比較し、統計的な検定を行うことで最も優れた案を決定した

■ユーザーニーズのポテンシャル分析
 −ニーズの重要度や満足度から、ポテンシャルの高いフォーカスすべきニーズを特定した

Copyright (c) 2011-2013 Collexia, Inc. All rights reserved